新着情報

陰虚 ガン 中気下脘

【陰虚】
陰虚という漢方の用語があります。
肉体を構成している物のうち五感で認識できる部分を”陰”、五感で認識できないものの働きがある部分を”陽”といいます。
その”陰”は血液や体液・水分を指すことが多いものですが組織や内臓を指すこともよくあります。
 
消化器官の癌のため外科的に切除した予後が悪く、体力が回復しない、ということで漢方相談にお越しになられた男性。
 
術後の体力回復のファーストチョイスとしては「十全大補湯」が有名であるので、最初これを服用してもらいましたが、1週間継続しても全く効いた感じがせず、”しんどい”と強く訴えられる。
 
もう一度よく弁証すると下痢・気力の低下など「中気下脘」の症状を強く訴えられました。
 
そこでその中気下脘を治療する方剤、併せて腎陽を補い身体を温める方剤に変更したところ、これがピタリと証に合い次の1週間で見違えるようになり、特に目つきと話し方が劇的に改善。継続して約1ヵ月、はじめて相談にお越しんなられた時に比べて、歩き方、話す言葉の力強さ、目つき全てが見違えるほど良くなってきました。
 
漢方薬をお出しする側としても、とても嬉しい事例でした。
 
 

 

 
お気軽にお問い合わせ下さい